1. トップページ
  2. 乾燥肌のスキンケア見直し手順~保湿が効かない!?

乾燥肌のスキンケア見直し手順~保湿が効かない!?

夜保湿しても朝にガサガサ。朝にたっぷり保湿しても昼前にはファンデーションがひび割れ……

保湿が足りない!!

と思うでしょうが、保湿しても一向に乾燥肌が改善されませんよね?

乾燥肌の人が保湿を頑張っても意味がないどころか、実は逆効果です。

乾燥肌に足りないものはたった一つだけ。これを

  • 減らさず
  • 増やす

この2点を守るだけで乾燥肌とは卒業できます。

乾燥肌が改善されると、笑えるくらいに自分の肌じゃないみたいになります。この感覚はすぐそばです。

意味なし!乾燥肌のスキンケア見直し

1.とにかく潤いそうな保湿化粧品に変える

保湿してもすぐに乾く。もっと潤いが強く長く続く保湿化粧品が必要!と新たなコスメに見直すのはアウト。まず成功しません。

理由は簡単で、潤いを強調したコスメほど、実は肌にとって無意味なんです。

人の肌はセラミドが多いかどうかで乾き具合が決まります。そして、90%以上の保湿化粧品は、セラミドが多い肌にするのではなく、肌表面を「濡らし続ける」ものばかり。

セラミドが多い肌は潤いを強く感じません。意外でしょうが事実。

潤いが強く残る保湿化粧品というのは、絶対に乾燥肌を改善させないのです。

2.保湿パック

すぐ乾くのは化粧水やクリームが肌に浸透していないから!と保湿パックをする女性は多いです。

でも意味がないですし、場合によっては肌荒れの原因になります。

そもそも肌に化粧水やクリームはほとんど浸透しません。パックすると確かに浸透量は増えるのですが、それは無理やり詰め込んだだけなのですぐに蒸発します。

そのときに肌内部にあった水分も一緒に少し蒸発します。だから保湿パック直後の潤いと、3時間後くらいの乾きの差が大きくなり、余計に肌が乾燥してしまいます。

また、普通に塗るより濃度が高くなるため、防腐剤や乳化剤などの悪影響が出やすくなるのも問題。

3.化粧水たっぷり使い

保湿と言えば化粧水。化粧水をたっぷり使えば潤いが戻ると思っていませんか?

これも逆効果。

さっきの話と一緒で、化粧水はほんの少ししか浸透しません。メーカー指定の使用量以上を使っても、その分は肌の上に余るだけです。

プチプラの化粧水で肌が潤うと言われているのは、ただ単に気兼ねなく量を使えて、肌がビチャビチャになるから。

保湿成分が肌に残るのでしばらく潤った感じになりますが、非乾燥肌の肌ってあんなにベチャついていませんよ。おかしいですよね。

乾燥肌は何を見直せば良いのか?

では乾燥肌はスキンケアのどこを見直せば良いのか?

高確率で「保湿化粧品」を見直すと思いがちですが違います。

成功確率No.1は「クレンジング」又は「洗顔」です。

というのは、乾燥肌で苦しんでいる人って圧倒的に女性なんです。

女性は皮膚が薄くて皮脂分泌量が少ない。だから男性より乾燥肌になりやすい。

この説は当たりですが、実際にはこれだけで女性が乾燥肌になることはありません。

決定的な違いは

  • メイクをする(クレンジングが必要)
  • 洗顔時間が長い(洗顔が美容に重要と知っている。男は理解していない)

この2つです。

極端な話ですが、美容も服も何も興味がない女性って、ほぼ100%の確率で乾燥肌じゃないんです。

ということは、クレンジングと洗顔が怪しいって気づきますよね?

乾燥肌のクレンジング見直しはメイク種類に応じた選択

乾燥肌のスキンケア見直しでは、どんなメイクをしているのか?というのが重要。

メイク種類、濃さに応じたクレンジング種類を選ぶだけで、勝手に肌の潤いが戻ってくるからです。

クレンジングというと、

  • ミルク
  • クリーム
  • オイル

という3タイプが基本。

オイルが最もメイク落ちがいいのはご存知のとおり。そのかわり乾燥すると言われています。

でもこれは間違い。

実はオイルクレンジングには、

  • ミネラルオイル(鉱物油)
  • エステル系
  • 植物系

の3タイプに分かれており、一般的に乾燥するのは上から順番。特にミネラルオイルが飛び抜けて乾燥しやすいです。

これは脱脂力が強いのです。他の油と混ざる力が強いので、メイク(油)の浮きが早いのです。でも皮脂やセラミドなどの必要な油脂も一緒に瞬間的に奪い去っちゃうわけ。

だからオイルクレンジングは乾燥肌にダメ!というのは、主にミネラルオイルのオイルクレンジングはやめておいたほうがいいですよ、って話。

ウォータープルーフでかなり落ちづらいメイクでもない限り、基本的にミネラルオイルクレンジングの脱脂力は過剰です。

普通のメイクならエステル系です。

万能なのが植物オイル系。ただし高価。と言っても、ミネラルオイル(例えばビオレメイク落としオイル)が1,000円以下なのに対して、植物オイル系は3,000円台から。むちゃくちゃ高いわけでもありません。

高価な保湿化粧品を買うより、クレンジングを良いものに見直したほうがはるかにコスパが優れていますよ。

かなり薄付きメイクの人なら、ミルク・クリームもいいですが、植物オイルクレンジングにしたほうが肌負担は少ないですよ。圧倒的に摩擦が減りますからね。

乾燥肌の洗顔見直しは時間を優先しよう

洗顔料は10秒なじませるだけで十分

クレンジングが重要なら当然、洗顔も重要です。

ほとんどの女性は洗顔が重要だと考えていますが、そのせいで「洗いすぎ」ている人ばかり。

乾燥肌で悩んでいる人のほぼ100%が洗いすぎです。

クレンジングと違い、洗顔料の洗浄力はあまり差がありません。弱アルカリか弱酸性かで当然違いは出ますが、乾燥肌の人ならマイルドなタイプをお使いでしょう。それはそのままでいいです。

問題は洗顔にかける「時間」です。

泡でクルクル肌になじませて汚れを落とすイメージですが、洗浄成分が肌に付着しさえすれば、もうなじませなくても80%の汚れは落ちています。

あとは10秒ほどなじませて90%に。

水で流すときに100%になって汚れが落ちます。

でもクルクルのときに1分など時間をかけると、クレンジングまでいかなくても、界面活性剤が肌からセラミドを引き剥がします。

特にクレンジング後のW洗顔はセラミドが落ちやすくなっているため、W洗顔はさらに時短で洗わないといけません。

見直すのは時間です。とにかく時間!

洗顔は10秒で本当に十分なんです。具体的には洗浄成分を肌になじませる時間です。30秒だと長いです。

もし汚れが落ちきっていなかったらどうなるのか?

10秒だと汚れが落ちていない!!

と思うかもしれませんが、水で流す間の時間も洗浄成分が肌に付着しています。この間もセラミドを減らしていることに気づいてください。

仮にメイクや皮脂汚れが多少残っていたとします。

美容雑誌や洗顔料広告では、この洗い残しが肌を老化させると脅してきますが、それは完全に嘘です。

だったら、日中にメイクをしている時間はどうなるのでしょうか?10時間も肌が老化しっぱなしにならないでしょうか?

一応洗顔して、目に見えないレベルの洗い残しがあったとして、そのまま寝て肌老化まで至るでしょうか?よく考えればおかしいことに気づきますよね。

朝は水・ぬるま湯で本当に十分

洗顔料メーカーや美容研究家?の一部では、朝は洗顔料を使わないと汚れが落ちず肌を痛めると言います。

でも先程の話のように、仮に洗い残しがあっても問題ないのです。むしろ洗いすぎてセラミドを減らすほうが肌にとってヤバいのですから。

そもそも男性が水・ぬるま湯で洗ってもいけるくらいです。皮脂分泌量が少ない女性ならなおさらですよね。

保湿化粧品の見直しはセラミド系1本で十分!

肌の潤い感を求めてはいけない

保湿化粧品の見直しをする場合、多くの人が「保湿力」そしてその「持続力」を求めがち。

でもそこは気にしなくていいです。

セラミドが増えるかどうか?

ここだけで保湿コスメは見直すべき。

なぜなら、乾燥なんて知らない!って人の肌って、触ってもサラッとしていて特に「潤い」は感じません。

潤うと言われる保湿化粧品を使った後に感じる、なにか明らかに塗った感。時間とともに消えているぬめり、水分感なんて美肌の人にはありません。

乾燥していない肌=セラミドがお多い肌

なので、保湿化粧品をあれこれ吟味するより、まずセラミドが増えるかどうかだけ確かめてください。

安すぎるセラミドコスメはダメ

いろいろ保湿成分がありますが、セラミドは比較的高価な部類です。

安いと濃度が期待できないのに加え、精製レベルも落ちておりいまいち。かといって高級だから良いとも限りません。

化粧水、クリーム(または乳液や美容液)の2点があれば十分です。できればクリーム(美容液など)でセラミド配合なら、化粧水は好きなもので構いません。

化粧水+クリーム or 乳液 or 美容液の2点ケアで十分

乾燥がきついからブランドごと見直す人が目立ちますが、セラミドがしっかり配合された保湿化粧品が一点あれば、他は使わないか何かお気に入りのを使えば十分です。

  • 化粧水、乳液、美容液、クリーム
  • 化粧水+クリームの2点ケア

この両者だと、明らかに前者の方が保湿力が高そうですよね?でも実際は変わりないのです。

もし前者の工程数が多いスキンケアが有効なら、そもそも乾燥肌で悩む人なんていないと思いませんか?塗れば塗るほど潤うなら。

肌の水分の大半はセラミドがキープしています。セラミドさえ増えればいいのです。

そのためには、一点まともなセラミド化粧品があれば十分なんです。

乾燥肌の見直しは1ヶ月で結果が分かる

スキンケアの見直しをして、それが肌にとって正しいのかどうか?

これは20~30代の人なら1ヶ月から1ヶ月半。それ以上の世代なら2ヶ月くらいで判断できます。

理由は、ターンオーバー周期がこれくらいだからです。

ターンオーバーとは表皮細胞が生まれ変わって一周する時間です。30日と言われていますが年齢によって違います(そもそも同じだという説もあり)

  • 朝の洗顔時に水・ぬるま湯で洗う際に、指ざわりが以前よりスーッとした感じになる
  • 化粧ノリが良くなる
  • 艶が出てくる

こういった実感が何となくですが出てくるはずです。

2ヶ月、3ヶ月と立つと、パウダータイプのファンデーションのノリが明らかに変わってきます。肌のキメが細かくなってきて、ファンデの粒子が一箇所でダマになりにくくなるからです。

素肌の違いは実感しづらいですが、メイクの出来栄えがかなり変わるので分かりやすいはず。

肌が潤っているかどうか?乾燥を感じなくなったかどうか?

この二点で判断すると、どうしても肌表面の潤いを求めがちに。でもそれは間違った保湿スキンケアです。

セラミドが増えてきているかどうかは分かりづらいのですが、このような肌変化の実感を素直に感じてみましょう。それが正しい綺麗な肌状態です。